幼少期の夢が40年後に解決した話

2022.06.27

読むだけで人生が喜びに変わるブログ

突然ですが、
皆さまは幼少期に見た夢を覚えていますか?

私は、
幼少期の実際の記憶は
ぼんやりとしているのですが、
幼稚園の時に見た夢は
今でも鮮明に覚えているのです。
それも2つです。

種類としては2つとも「怖い夢」で、
それで、中学生になってからも
その夢のことを時々思い出し、
高校生でも思い出し、
大学生でも思い出し、
大人になってからも、
未だにその夢の内容を思い出します。

そして、つい先週のことですが、
ある出来事があって、
この夢の意味が、
40年以上の時を経て、
ようやくわかったのです!

しかも、覚えている2つの夢は、
違う時に見た、
違う内容の夢なのですが、
この2つは実は見事に繋がっていて、
そして、
3歳頃に引っ越しをした理由も
私が小児喘息だった理由も
全て繋がりました。

繋がる、ってこういうことなんだ!
と自らリアルに感じた体験でした。

その夢が解明された経緯は
こんな感じです。